自分がいいと思ったことを人に強要しない

今回の家族にキレない・キレさせないためのテーマは「自分がいいと思ったことを人に強要しない」ということです。

身につけるもの、食べるものなど、自分がいいと思ったものを人にススメたりすることが好きな人がいます。でもそれがエスカレートして、気づけば、自分がいいと思ったものを他人にも持って欲しいという非常に身勝手な考えを相手に押し付けるかもしれません。これでは、自分の思いを相手を使って満たそうとしています。

家族というのは気が知れた仲です。なんでも言える仲です。だからこそ、他の人との関係よりも、注意をしないと、簡単に相手を不快にさせたり、怒らせたりしてしまいます。

自分がいいと思ったことやものを人に強要するのは、相手の「個人の尊厳」を軽視しています。こういう行為は結局は「自分が満足できる相手でいて欲しい」という思いの反映であり、非常に傲慢で、身勝手な考え方です。

特に買い物などは、お金を出す方の人が権威を持ってしまいがちです。全くそんなつもりはなくても、自分がお金を払うとなると、どこかで立場が上になってしまっていて、「買ってあげるから、私の好きなものを持って欲しい」的な思想が潜んでいることがあります。

家族は一人ひとり、それぞれの好きと嫌いを持った個人です。そして人間は誰しも束縛されること、自由を奪われることをこの上なく憎みます。家族に、「自分がいいと思う」理由だけで、何かを強要するという行為を積み重ねていることは、相手との関係を破壊し、家族関係に亀裂を入れさせる以外の何物でもありません。直ちにやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL